インプラント治療TOP > インプラントについて > インプラントとは

インプラントとは


インプラントで、失った歯を・・・


失った歯を、取り戻せるものなら取り戻してあげたい・・・。
そんな私の強い思いに応えてくれたのが「インプラント」でした。
歯周病を専門として治療に当たっていた私でしたが、「インプラント」について学ぶにつれ、
まさに、「失った歯を取り戻したかのように快適」な、夢の治療だということがわかり、
今後はインプラントを専門に、歯を失った方のお役に立ちたいと思うに至りました。


インプラントは第3の歯


インプラント 「第3の歯」インプラントは、なぜ第3の歯と呼ばれているのでしょうか。

人が生まれて、赤ちゃんの頃に生え始める乳歯が「第1の歯」、
6歳頃から乳歯に代わって生えてくる永久歯が「第2の歯」、
その永久歯を失ってしまった時に歯根から人工の歯で補うために入れるインプラントが「第3の歯」というわけです。

歯を失ったときに一般的に使われている「入れ歯」や「ブリッジ」は、歯根がないので、「第3の歯」と呼べるほどの機能性はなかったのです。

インプラントが「第3の歯」と呼ばれるようになったわけを、これからお話ししていきます。


インプラントのしくみ


インプラント 歯形インプラントとは、歯を失ったところに、人工の歯根(土台)を埋め込んで、その上に人工の歯を構築する治療方法です。

人間のあごの骨を「歯槽骨」といい、
歯は、歯槽骨に歯根を埋めたような状態で生えています。
まさに、歯根は「歯の根っこ」というわけです。

歯を失うと、歯根が抜けて歯槽骨に穴があいた状態となります。

そこにチタンでできた人工歯根(インプラント)を埋め込み、
数ヶ月かけてインプラントが歯槽骨にしっかりと結合するのを待ちます。

結合したインプラントに、人工歯を取り付けるための部品を装着し、
歯ぐきの状態が落ち着いたら、いよいよ人工の歯を取り付け、完成です。

「入れ歯」や「ブリッジ」と違って、歯根からしっかり歯槽骨に埋められているので、
ガタつきや違和感がなく、固いものでも安心して噛むことができ、
大きく口を開けて笑っても部品が見えることはありません。

まさに「失った歯を取り戻した」状態を得ることができますので、
それが「第3の歯」と呼ばれる所以なのです。



     
 
インプラントについて
 
 
スタッフからのお便り コラム  

お問い合わせ・ご予約・相談はお電話で 初診の方はネットでご予約 インプラント無料相談会

インプラント治療TOP > インプラントについて > インプラントとは


アンチエイジング 無料相談
一緒に働くスタッフ募集

無料相談会のお知らせ
無料相談会随時開催中!


料金表 価格
インプラント相談ランキング
  わたしにインプラントは合いますか?
  費用はどれくらいですか
  インプラントについて詳しく聞きたい
  入れ歯が痛くて困っています
  治療期間はどれくらい?

当院について

 

 はじめに
スタッフからのお便り
ブログ 院長ブログ

充分なカウンセリング
安心のアフターケア
トータルコーディネイトされたインプラント治療
専用のオペ室
インターネット予約出来ます!

ご予約
インターネットからの診療予約はこちら

 
TV、雑誌出演情報

プレス
TV出演や雑誌などの出演情報などをご紹介

 
インプラント治療の患者様の声
患者様の声
当医院での治療について、患者様の声を掲載しております。
 
インプラント治療 症例集

症例集
インプラント治療の症例を掲載

 
 

■お友達リンク
KS麻布十番デンタルクリニック


Powered by
Movable Type 3.36