インプラント治療TOP > インプラント コラム > インプラントの耐久性について

インプラントの耐久性について



インプラントのメリットは、なんといっても天然歯の感覚に近く、食事の時などに違和感がないこと。そして、しっかりものが噛めるということです。

では、そのインプラント、一生涯、天然歯のような状態が保てるのでしょうか?結論から言うと「保てます」。

しかし、自分の歯もきちんと手入れしないと虫歯になるように、インプラントも、しっかりケアをしないと長期保存の可能性が低くなります。

約40年前にインプラントを入れたスウェーデンのブローネマルク博士による第1号患者は、今でも良好な状態で使われています。

反対に、せっかくインプラントを入れたのに、2年ほどでグラグラになり、結局はずしてしまった、という例もあります。
これらの症例の違いはいったい何でしょうか?

  インプラントの耐久性




インプラント 脱落原因インプラントそのものは、チタンでできていますので半永久的といってもいいでしょう。しかし、肝心なのは、歯ぐきや骨の状態、かみ合わせなどです。

「インプラント治療が完了するまでは頑張って治療に通っていたけど、完了したと同時に通院がおろそかになってしまった」ということになると、やはり長期保存は難しくなるでしょう。

セルフケアをしっかりしていても、どうしても自分では磨き残しがでてきます。さらに歯石の状態になると、歯科医院で、専用の器具でないと除去できません。せっかくインプラントを入れても、きちんとアフターケアをし、口腔内を清潔に保っていなければ、歯周病を引き起こし、インプラントが脱落してしまうという可能性が高くなります。

せっかく高額な費用をかけてインプラント治療をしているのですから、お手入れを怠ったがために脱落してしまったなんて、もったいないですよね。



他にインプラントの耐久性を損なう原因として考えられるのは、全身疾患によるものです。
生活習慣病が引き起こす歯周病は、骨にまで及ぶこともあります。インプラントは、骨に直接埋め込んであるため、骨がやせると、その分耐久性も悪くなります。
もちろんインプラントに限らず、天然歯においても同様のことが言えます。


定期的に検診を受けることで、インプラントの長期保存だけでなく、歯周病や虫歯などの早期発見にもつながります。




当院では、インプラント治療終了後の保証期間は「10年」としていますが、もちろん、前述したように10年以上の保存は十分可能です。

また、私たちは10年といわず、できれば一生涯快適にインプラントを使い続けていただけることを望んでいます。そのために、スタッフはインプラント治療だけでなく、患者さんのアフターケアの態勢も万全に整え、快適なインプラントライフを送っていただけるように努力していきます。

ですから、インプラント治療をされた方も、これからされる方も、私たちと一緒にお口の中の手入れを頑張っていきましょう。


  私たちがサポート


     
 
インプラントについて
 
 
スタッフからのお便り コラム  

お問い合わせ・ご予約・相談はお電話で 初診の方はネットでご予約 インプラント無料相談会

インプラント治療TOP > インプラント コラム > インプラントの耐久性について


アンチエイジング 無料相談
一緒に働くスタッフ募集

無料相談会のお知らせ
無料相談会随時開催中!


料金表 価格
インプラント相談ランキング
  わたしにインプラントは合いますか?
  費用はどれくらいですか
  インプラントについて詳しく聞きたい
  入れ歯が痛くて困っています
  治療期間はどれくらい?

当院について

 

 はじめに
スタッフからのお便り
ブログ 院長ブログ

充分なカウンセリング
安心のアフターケア
トータルコーディネイトされたインプラント治療
専用のオペ室
インターネット予約出来ます!

ご予約
インターネットからの診療予約はこちら

 
TV、雑誌出演情報

プレス
TV出演や雑誌などの出演情報などをご紹介

 
インプラント治療の患者様の声
患者様の声
当医院での治療について、患者様の声を掲載しております。
 
インプラント治療 症例集

症例集
インプラント治療の症例を掲載

 
 

■お友達リンク
KS麻布十番デンタルクリニック


Powered by
Movable Type 3.36